Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

53歳の好奇心 ~ NW11の日記

深耶馬渓

せっかく ” おんせん県大分 ” まで 足を 伸ばしてきたのでもう一箇所 お湯に 浸かってきました 秋の紅葉シーズンには  九州各地から 観光客が訪れる大分県中津市耶馬溪町 の ” 深耶馬溪温泉 ”この 山あいの小さな温泉街で 見過ごしてしまいそうな 小さな温泉 ” 岩戸湯 ” さん が この日の目的地三連休ということもあって 観光客で 賑わっていた 耶馬溪周辺でしたが岩戸湯さんには 幸か不幸か お客さん...

おんせん県へ

阿蘇神社を 参拝した後は県境を 超えて ” おんせん県 大分 ” へもちろん 目的は ” 温泉 ” この日 訪れた この温泉は個人的に 一番好きなお湯 かもしれません大分県竹田市直入町にある ” 長湯温泉 郷の里旅館 ” さん2年ぶりに 訪れたのですがご主人は なんとなく 覚えていてくれていたようで” 福岡からの お客さんですよね ” ” 遠いところから ありがとうございます ” そうご挨拶を いただきました” ...

神の郷温泉

晴天の土曜日車を飛ばして 宮崎県小林市にある ” 神の郷温泉 ” に 出かけてきました 九州八十八湯めぐりに ノミネートされている この温泉鹿児島から 2時間かけて 目的地の看板を 発見案内に沿って 車を進めると 一見 どこにでもありそうな スーパー銭湯の佇まいでしたが脱衣場から 浴場に進むと大きな内湯 と 露天風呂が 2つ看板に ” 湯量日本最大級 ”  そう書いてありましたがそれが 誇張ではないこ...

弥次ケ湯温泉

鹿児島県指宿市にある ” 弥次ケ湯温泉 ” に 出かけてきました 海岸沿いでの ” 砂蒸し湯 ” が 有名な 指宿温泉ですがこの ” 弥次ケ湯温泉 ” は 地元の方 イチ押しの 地元の名湯 らしい木造の簡素な外観受付は 張り紙一つの ” 無人くん ”湯船は2つ 上の写真の 湯船は かなり熱めのお湯で 足を付けただけで ヒリヒリだったので若干 温めの 下の写真の 湯船で くつろぐことにしました土曜日のお昼時...

日奈久温泉

鹿児島への帰路熊本県八代市の 名湯 ” 日奈久温泉 ” に 立ち寄ってきました 不知火湾に 面した 海沿いに ひっそりと佇む 日奈久温泉街お邪魔したのは日奈久温泉の シンボルチックな ” ばんぺい湯 ” の すぐ裏に 佇む旅館 ” 幸ケ丘 ” さん外観内観とも 歴史ある温泉旅館の 風情を 醸し出してありますが 現在は 旅館業は廃業されて 日帰り温泉施設として 営業中玄関に 呼び出しの ベルがあってそのベ...

贅沢な一時間

天下の名水で 有名な 鹿児島県霧島市 の ” 関平鉱泉 ”その 関平鉱泉に 隣接する ” 関平温泉 ” が 今週 の 温泉ツアーの 舞台 絶好の ドライブ日和 の 日曜日自宅から 車で 一時間半ほど 走って 目的地に 到着週末は とても混んでる施設だと 聞いていたのですが この日は 私と あと一家族のみ受付で 入湯料 300円を 払おうとすると ” あと600円払うと 家族湯 が 利用できる ” との ...

仙寿の湯

J-WAVE に 背中を押してもらった 日曜日の 行き先は 鹿児島県霧島市 の ” 仙寿の湯 ラムネ温泉  ” 鹿児島県の 温泉を紹介するネットで発見した この施設霧島温泉郷に向かう 国道を走っていると 案内板を発見案内に従って 山道を登っていくと 程なく 目的地に 到着思っていた以上に 綺麗な施設で 第一印象は まずまず入湯料 300円を 支払って 男湯に進んでみると 小綺麗な脱衣場洋服を脱いで 奥に...

十三奉行温泉

ぽかぽかの日曜日ちょっとだけ 足を伸ばして こんな温泉に出かけてきました 鹿児島県出水市の ” 十三奉行温泉 ” ” じゅさぶろ温泉 ” と 読む この温泉は こんな感じの 広大な 田園風景の中に ぽつんと 佇む 田舎の一軒家鹿児島県の温泉紹介サイトで 古民家風の 昭和チックな 温泉だという情報を頼りに この温泉をチョイス入湯料を払って 中に入ってみると 目に飛び込んできたのは 外観とは異なる 清潔感...

県境を越えて

休日の水曜日県境を越えて 宮崎県の温泉に 出かけてきました 生憎の雨模様の 一日でしたが車を2時間ほど 走らせて 向かった 宮崎県の 温泉は霧島連山に ほど近い 西諸県郡高原町にある ” 湯之元温泉 ”   ” 明治35年創業 ” の 歴史ある温泉休日ということもあってか 他県ナンバーの車も多くて 老若男女 お客さんで 賑わっていましたこの温泉のうりは ” 高濃度の炭酸泉 ”源泉の ” 高濃度炭酸泉 ” ...

柏原温泉

晴天の土曜日お馴染みの ” 紫尾温泉 ” に 出かけようと 車を走らせてると到着間近に こんな道路標識を 発見 ” たまには別の温泉でもいいか ”とっさに そう思いつき 標識に従って 道路を左折  程なく ” 柏原温泉 ” に 到着 こんな感じの 殺風景な装いの 柏原温泉少々 不安な面持ちで 受付に行くも どなたもいらっしゃらなかったので 入浴料100円を 置いて 浴場へ建物に 入った瞬間 古い建物特有...